<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

World Figure Skating in Londn


2月27日に2度目の大雪が降り、日本の雪のように湿気が含んで重たい、重たい雪だったので木々の枝がかなりダメージを受けています(雪が解けて最近判明)
まだまだ、雪は残っていますが。。。。
トロントの人達が好きな美しい雪の風景を撮りました。車で出かけるのは危険だったので家の前だけ。。。
f0188990_233723.jpg
f0188990_2332059.jpg














15日男子フィギアスケートを見に、オンタリオのロンドンという町へ車で行ってきました。
観光する時間はなかったので、会場では食料調達が難しいという情報があり、会場とつながっているマーケットで食料を調達。。。素敵な市場です。

f0188990_2411598.jpg
f0188990_2413231.jpg














会場前に急ぎ足で到着。小さな小さな街ですが、日本人が沢山いました。はるばる応援に駆けつけたようです。
f0188990_2441820.jpg
f0188990_2455755.jpg
f0188990_2465678.jpg
f0188990_248872.jpg



























私達の席が3階でした、高所恐怖症の私にはスケートを見るどころではない、椅子にしがみついて離せないし気分も悪くなって来ました。。。。
ゆずる君が滑る前に、席を変えてもらって正解!!落ち着いて応援ができました。

いよいよゆず君の登場、SPは不調でしたがひざの痛みと練習不足もあったそうですし、SP前の練習では壁に激突して足首も痛めたようです。
もう必死の応援で精魂尽き果てました。(涙がでてきて。。。)一生懸命に滑って演技終了後はリンクへ倒れこみました。足大丈夫でしょうか・・・・
f0188990_2513152.jpg
f0188990_2515216.jpg
f0188990_252399.jpg
f0188990_2521832.jpg





























手作りの応援幕(日本の方たちのバナーからしたらお恥ずかしい)を持参しました。終了後選手の泊まっているホテルへ行ってみました。
帰りは車で2時間かけて夜中に戻りました。ゆず君の怪我が良くなるように!!

f0188990_3104432.jpg
f0188990_3122467.jpg
f0188990_3124012.jpg


























[PR]

by ogasan2 | 2013-03-17 03:22 | おでかけ

年を取るという事

すっかり寒くなったトロント、最近年を取ることを考えさせられる事が続きました。
現在、私は認知症と診断された92歳の方と週に1回1時間半過ごしています。
昨年2月中旬より、伺うようになりました。
初めは週に3回お会いをしていましたが、8月から週に1回になりました。

昨年2月の時点で話すことは遠い昔の事ばかり、10分で話が終わるので繰り返し聞いてていました。
それでも暖かな日は、一緒に散歩したり、桜の季節には外にでて桜をみたり、建物の中からみえるオンタリオ湖を見たり、軽くエクササイズをしていました。

週に1回になってからは、部屋で一緒に何気ない、お話をするだけになりました。
そのころから、だんだん足が弱くなって歩けなくなって、倒れて怪我をされていることもありました。そのため歩行器を現在は使用しています。足の運動を週に2回30分づつ行っています。
部屋には、彼女の子供達が用意したパズルがテーブルに置いてあります。
昔彼女は、子供達と一緒によくパズルをしたそうです。
パズル以外には、最近では話をするのも面倒なときが多くなって、足も弱くなっています。
現在、話す内容は、昨年の2月に出会ったときよりも記憶が混濁していて、夕飯の話が多くなり、
話し終わって、同じ事をすぐに繰り返しています。『家に帰って自分で好きなようにしたい』ともよく言っています。前は言わなかったことです。『外をボーット見ていたい、それが好きなのよ』と言っています。でも見ながら
寝てばかりいるのは体に悪いですし、痴呆が進んでいるので家に篭りっきりにならないように、プログラムされています。

家のことは近くに住む娘さんが全てやってくれます。
少女時代に何自由なく育った彼女には、それが普通のようです。
食べ物にもこだわらない、人が何をいっても笑顔で対応していました。
だけど友人はほとんどいませんし、彼女の部屋におしゃべりに尋ねてくる人はいません。
周りは彼女が認知症であることを知っています。
彼女の決まり文句は『私は何もできない、どうでもいい』それでも若い頃にドレスメーカーだったそうです。着るものには気を使っています。

娘さんと息子さんは日本語を話さないので、私が認知症の症状を少しでも和らげる為に話に行っています。
今では、子供達のことも、あまり理解はしていないようです。。。。ただ楽しい事だけは、笑顔で反応するので、
楽しい話をしたり、褒めることを仕事中は心がけています。

夫と仕事について話すとき『色々考えさせられるねェ』といっています、そうならないように趣味を持つ、興味を持つことをやめない等?年をとって急にできることではないので今から少しずつ行動するようにしています。

もっとも、こちらの2世の方達は本当に元気です。仕事をする世代の方も運動を意識してする方が多いような気がします。



[PR]

by OGASAN2 | 2013-03-05 10:24 | ご挨拶&全体